歴史上の偉人 トーマス・エジソン

11月 5th, 2009 by akanetyan

エジソンは1847年2月11日にミラン(オハイオ州)で父サミュエル・オグデンJr.(1804
年 – 1896年、オランダ人系)と母ナンシー・エリオット(1810年 – 1871年、スコットラ
ンド人系)の間に生まれた。エジソンは彼らの7人の逆援の内7番目の子供で、7歳の時に
家族はポートヒューロン(ミシガン州)に移った。
小学校に入学するも、教師と馬が合わず在宅した。当時の逸話としては、算数の授業中に
は「1+1=2」と教えられても鵜呑みにすることができず、「1個の粘土と1個の粘土を合わ
せたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なの?」と質問したり、国語の授業中にも、「A
(エー)はどうしてP(ピー)と呼ばないの?」と質問するといった具合で、授業中には
事あるごとに「なぜ?」を連発していたという。

歴史上の偉人

5月 30th, 2009 by akanetyan

しかし、所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。
─シェイクスピア「オセロー」

☆誰でも失敗はします。それは仕方のないことです。

それ御覧ナ、機があるのだもの、逆援助 が過ぎてから、なんといったって、それだけのことサ。
─勝海舟

☆機会を逃してはいけません。ここぞという時には決意しましょう。

美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。
─オードリー・ヘップバーン

☆性格や気質は、自然と顔に表れるものです。好ましい顔を作りましょう。

妨害が大きければ大きいほど、欲望はつのるものだ。
─ラ・フォンテーヌ

☆手に入れられないとなると、どうしても欲しくなってしまうものです。本当に必要かどうか、よく見極めましょう。

歴史上の偉人 チャールズ・ダーウィン

5月 22nd, 2009 by akanetyan

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809年2月12日 – 1882年4月19日)はイギリスの自然科学者。 全ての生物種が共通の人妻から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである[1]。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている[2]。