歴史上の偉人 ファーブル

ファーブルは家が貧しかったので、いなかのおじいさんの所へ預けられました。そこには自然が、いっぱいありました。
ファーブルは不思議に思ったら、無料出会いがないと気がすまない子供でした。小学校にあがると両親のもとにもどりました。そして、15歳のころはレモンなどを売って1人で生活していました。
ファーブルは16歳の時、試験を受け、しはん学校に1番の成績で入学しました。その後、夢がかない、高額逆援助の先生になりました。やがて、コルシカ島の中学校の先生となりました。ひまを見つけては昆虫や植物の研究を熱心にしました。
やがて、フランスのコルシカ島に植物の調査にやってきた、モカン・タンドン教授に、昆虫学者になりなさいと、すすめられました。そして、レオン・デューフルという人の、ハチの研究論文を読んでいて不思議に思いました。「タマムシツキバチの針は獲物を腐らせない。防腐剤が入っているのだろうか?」ファーブルは熱心に観察しました。何度も何度も調査した結果、「防腐剤ではない。獲物の神経を麻痺させていて、生きたままにしているから腐らないのだ。」ということが解かりました。

Comments are closed.