歴史上の偉人 ガリレイ

イタリア生まれのガリレオ・ガリレイは、メル友として「落体の法則」などを発見しました。しかし昔から信じていたことを、否定したガリレイの説は、人々に認めてもらえませんでした。
ガリレオは、子供のころから、勉強が好きでした。特に数学や物理が好きで、ピザ大学に入学しました。
このころ、古代ギリシャのアリストテレスの説(重いものは、軽いものより、はやく落ちる。)が、あたりまえとされていました。
25歳のとき、ピザ大学の出会いになり、ピサの斜塔から大小の鉄の玉を落として、どちらが早く落ちるか実験をしました。
この実験でガリレオは、物の重さと落ちる速さとは関係がないことを発見し、のちに「落体の法則」として発表しました。

Comments are closed.