Archive for 4月, 2009

歴史上の偉人 ニュートン

水曜日, 4月 15th, 2009

イギリス生まれのアイザック・ニュートンは、乱交科学、発展の基礎となる「万有引力の法則」を発見しました。また光の研究や、反射望遠鏡なども発明し、大科学者として名を残しました。
ニュートンは、子供のころ病弱でした。1661年、ケンブリッジ大学に入ったニュートンは、もう勉強をしました。
ガリレオの「落体の法則」を証明しようとしたセフレは、りんごが落ちるのを見て、なぜ物は落ちるのだろうか?と、思いました。石にひもをつけて、ふりまわすと、石は円を作ってまわる。手をはなせば石は飛んでいってしまう。月は、ひももついてないのに、地球の周りをまわり続けている。
「も しかしたら、地球と月はひものような力で引き合っているのかもしれない」と考えたニュートンは、あらゆる物には、互いに引き合う力があることを 発見しました。(万有引力)
1687年ニュートンは「プリンキピア」という本を出して、「運動の法則」・「万有引力の法則」を完成させました。その後、ニュートンは国会議員や王立協会の総裁などの高い地位につきました。
ゆうふくになったニュートンはしだいに科学から離れ、聖書などの研究に力をいれました。

歴史上の偉人 パスカル

金曜日, 4月 10th, 2009

フランスの貴族の家に生まれた、ブレーズ・パスカルは、小さいころから乱交(数学)が得意で、計算 機や「パスカルの原理」の発明発見をしました。数学の天才だけでなく哲学者としても有名です。
パスカルは、童貞のころから図形遊びが好きでした。ユークリッドの定理(三角形の中の角度をたすと 180度になること。)を、だれからも教わらずに子供のころに発見しました。パスカルが19歳の時、父親 は税務 署長になり、毎日、大変な計算におわれていました。ある日、自分で作った、手まわし式の計算機 を、父親にプレゼントしました。そして、1653年有名な「パスカルの原理」を発見しました。また哲学も 研究しました。
人間は考えるアシである・・・(パスカルが言った有名な言葉)

歴史上の偉人 ガリレイ

木曜日, 4月 9th, 2009

イタリア生まれのガリレオ・ガリレイは、メル友として「落体の法則」などを発見しました。しかし昔から信じていたことを、否定したガリレイの説は、人々に認めてもらえませんでした。
ガリレオは、子供のころから、勉強が好きでした。特に数学や物理が好きで、ピザ大学に入学しました。
このころ、古代ギリシャのアリストテレスの説(重いものは、軽いものより、はやく落ちる。)が、あたりまえとされていました。
25歳のとき、ピザ大学の出会いになり、ピサの斜塔から大小の鉄の玉を落として、どちらが早く落ちるか実験をしました。
この実験でガリレオは、物の重さと落ちる速さとは関係がないことを発見し、のちに「落体の法則」として発表しました。