Archive for 5月, 2009

歴史上の偉人

土曜日, 5月 30th, 2009

しかし、所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。
─シェイクスピア「オセロー」

☆誰でも失敗はします。それは仕方のないことです。

それ御覧ナ、機があるのだもの、逆援助 が過ぎてから、なんといったって、それだけのことサ。
─勝海舟

☆機会を逃してはいけません。ここぞという時には決意しましょう。

美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。
─オードリー・ヘップバーン

☆性格や気質は、自然と顔に表れるものです。好ましい顔を作りましょう。

妨害が大きければ大きいほど、欲望はつのるものだ。
─ラ・フォンテーヌ

☆手に入れられないとなると、どうしても欲しくなってしまうものです。本当に必要かどうか、よく見極めましょう。

歴史上の偉人 チャールズ・ダーウィン

金曜日, 5月 22nd, 2009

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809年2月12日 – 1882年4月19日)はイギリスの自然科学者。 全ての生物種が共通の人妻から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである[1]。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている[2]。

歴史上の偉人 ファーブル

水曜日, 5月 6th, 2009

ファーブルは家が貧しかったので、いなかのおじいさんの所へ預けられました。そこには自然が、いっぱいありました。
ファーブルは不思議に思ったら、無料出会いがないと気がすまない子供でした。小学校にあがると両親のもとにもどりました。そして、15歳のころはレモンなどを売って1人で生活していました。
ファーブルは16歳の時、試験を受け、しはん学校に1番の成績で入学しました。その後、夢がかない、高額逆援助の先生になりました。やがて、コルシカ島の中学校の先生となりました。ひまを見つけては昆虫や植物の研究を熱心にしました。
やがて、フランスのコルシカ島に植物の調査にやってきた、モカン・タンドン教授に、昆虫学者になりなさいと、すすめられました。そして、レオン・デューフルという人の、ハチの研究論文を読んでいて不思議に思いました。「タマムシツキバチの針は獲物を腐らせない。防腐剤が入っているのだろうか?」ファーブルは熱心に観察しました。何度も何度も調査した結果、「防腐剤ではない。獲物の神経を麻痺させていて、生きたままにしているから腐らないのだ。」ということが解かりました。