歴史上の偉人 ガリレイ

4月 9th, 2009 by akanetyan

イタリア生まれのガリレオ・ガリレイは、メル友として「落体の法則」などを発見しました。しかし昔から信じていたことを、否定したガリレイの説は、人々に認めてもらえませんでした。
ガリレオは、子供のころから、勉強が好きでした。特に数学や物理が好きで、ピザ大学に入学しました。
このころ、古代ギリシャのアリストテレスの説(重いものは、軽いものより、はやく落ちる。)が、あたりまえとされていました。
25歳のとき、ピザ大学の出会いになり、ピサの斜塔から大小の鉄の玉を落として、どちらが早く落ちるか実験をしました。
この実験でガリレオは、物の重さと落ちる速さとは関係がないことを発見し、のちに「落体の法則」として発表しました。

歴史上の偉人 コロンブス

4月 7th, 2009 by akanetyan

イタリア商人の子 クリストファー・コロンブスは、子供のころから東洋にあこがれ、船乗りになりました。1492年、スペイン女王の高額逆援助で航海に出、アメリカ大陸を発見しました。
1485年、コロンブスはスペインに移りました。イサベル女王の援助で、その年8月航海に出発しました。
そして出発から、70日めにアメリカ大陸を発見しました。その後もコロンブスは航海を続け、55歳でなくなりました。
アメリカ大陸を発見したコロンブスは、死ぬまでそこを東洋のどこかと信じていました。 アメリカという名は、その後アメリカ大陸を探検したセフレ・ベスプッチからとったものです。

歴史上の偉人 ウィンストン・チャーチル

4月 5th, 2009 by akanetyan

2ヶ月早い未熟児として生まれる。子供の頃のチャーチルは反抗心旺盛で、よく罰を受けていた。寄宿学校に入れられ両親はあまり訪ねて来ることはなく、父親ともあまり話をしたことがないとチャーチル童貞が後に述べている。子供の頃には言語障害があり、何年もの間苦労した。寄宿学校を出てから士官学校に入るのに3度も落ちている。1922年、1929年と選挙で敗北。


イギリスを第二次世界大戦を勝利に導いた戦時内閣の首相である。

チャーチルは非常に英雄主義的な考えをもった政治家であり、政治や文学にその才能を発揮した。第二次世界大戦の困難な時期に彼は強い意志と楽観主義をもって憔悴したイギリス国民を激励。戦意を保ち、軍事戦略を立案し、ついにはアメリカ・ソ連と同盟しイギリスを勝利に導いた。彼はたぐいまれな軍事的知識をもち、その戦略家としての名声は卓越したものがある。しかし批判者の中には「彼の提案する壮大で無謀な作戦戦略は、しばしば現場と衝突し、混乱させた。」と主張するものもある。これは、チャーチルには幼少時からハンニバルやカエサル、ナポレオンなどの英雄に対する強い憧れがあり、それに後述する躁うつ症状が重なったことが大きくライブチャットしたとする。ナポレオンへの思い入れは深く少年時は、錫製のナポレオン時代の兵士の人形をコレクションしていた。

彼の政治キャリアは長きにわたるが、そこには幾たびかの不遇期があった。特に戦間期にはチャーチルは古い帝国主義的幻想にしがみついた時代遅れの政治家と考えられていた。また彼はマルバロー家特有の躁うつ病を患い、生涯に心臓発作を含むさまざまな病と闘った(彼は自身の躁うつ病のことを『私の中の黒い犬』と呼んでいた)。

また彼の文才とユーモアとウィットのセンスは、広く認められたものであった。彼はその政治家としてのスタートをさまざまな戦記を執筆することからはじめた。彼は下院議員に当選後も積極的に執筆活動を続け、海軍大臣として第一線で活躍した第一次世界大戦を書いた作品や自分自身の先祖ジョン・チャーチルや父ランドルフ・チャーチルを書いた伝記など多数を執筆。特に第二次世界大戦を描いた一連の大作は有名であり、それらの筆業は彼にノーベル文学賞をもたらした。日常ではジョークの名手かつ毒舌家であり、ある女性議員から「私があなたの妻だったらあなたの飲む紅茶に毒を入れるでしょう」と皮肉られたところ、「私があなたの夫だったら喜んでその紅茶を飲むでしょう」と平然と言い返したという話は有名。貴女と顔を会わせなくても良くなるなら、毒入りの紅茶を飲む方が良いと切り返して、女性議員を悔しがらせた伝えられる。

なお、彼が優秀な政治家の条件として挙げたのは「将来何が起こるかを予言する能力」と「予言が当たらなかったとき、それを弁解する能力」である。